謹賀新年2024 過激で危険度MAX! スリル満点なベルリンの年越し

エッセイ・その他

新年明けましておめでとうございます!Happy New Year!!
С Новым Годом!!
昨年度は本当にありがとうございました。

今年はですが旅行にも行かずベルリンで過ごしました。最初はブランデンブルグ門のカウントダウンに参加しようと思いましたが、人混みがヤバい上にカオスなのと近年の世界情勢によるテロの可能性を考えて行くのはやめました。

その代わり、近所のバーでベルリンのジルベスター(ドイツ語で大晦日)名物ド過激花火&爆竹祭りを酒を飲んで見ながら年越しをしました。ベルリンでは各地で大晦日になると、個人で購入した花火を路上等で打ち上げたり爆竹を投げまくったりし、年越しが近づくにつれてより過激さが増します。花火といえば日本の花火大会や近所で子供たちが楽しむものを想像しがちですが、ベルリンのそれはそんな微笑ましいものではありません。

こちらがベルリンのジルベスターの様子。とくとご覧あれ。動画ですが、技術的な問題でアップできませんでしたのでURLにて公開しております。見たい方は下記URLをクリックをお願いします。

ファイルなう - アップロードされたファイル
IMG_4092.MOV (169.26 MB)

最初は銃声並みの爆音にびっくりしましたが、徐々に慣れてきて逆に楽しくなっていました笑

戦場かな?夥しい数の花火と爆竹がこの日のために消費されるので路上が火薬の匂いで充満していました。

Happy New Year!!! ウエイ!

こんな感じでベルリンでは日本では味わえない過激でスリル満点な年越しを満喫することができます。その一方で、過激すぎて事故が多発したり一部の地域(特にノイケルンなどの治安がよろしくない地域)では救急車やパトカー、一般車や人を目掛けて爆竹や花火を投げる連中もいるらしいのでかなり危険でもあります。大晦日ではありませんでしたが、気の早い奴が投げた爆竹がすぐ隣で爆発して命の危機を感じたこともありました。

日本では新年早々、能登半島で大地震があったそうですね。私はネットニュースで知ったのですが正直言葉が出ませんでした。おめでたい正月の日にこんなことってあるのでしょうか。まだ余震が続くと思いますので、被災地の方は体調に気をつけて油断せずお過ごしください。また、こういう緊急時はデマ等が流れる場合があるので情報にも気をつけていただければと思います。

まだまだ拙い記事ばかりで大変申し訳ありませんが、2024年も生暖かく見守っていただけると大変嬉しいです。ワーホリ生活と欧州旅は4月末まで続きますが、残りの期間も悔いなく満喫していきたいと思います。

本年度も、本サイトをどうぞよろしくお願いいたします!!

それでは。素敵な一年を!!